ある研究中、私は偶然にも、ガン細胞を駆逐する人工細胞の開発に成功した。
試しに学会に発表してみたら大好評で、私の功績は世界中で称えられた。
あれを皮切りに、今では様々なウイルスを駆逐する細胞が世に誕生している。
元は食物の細胞を増やして食費を浮かす研究だったなんて、もはや言えない。