どうやら、あと半年しか生きられないらしい。
この状況に至って初めて、一日たりとも無駄にできない気持ちが沸いた。
せめてあと十年早く、この事実に気づくことができていれば。
もう少し、後悔のない人生になっていたのかな。