「声にならないって、そんなに酷い出来事でもあったの?」
「いやいや、そういう意味の声にならないってことではなくて……」
「……?」
「擬音を言葉に変換する機械を作ってるんだけど、上手く声にならないんだよ」