欠点のない人間なんていない。
それは、欠点も人間には必要だからだ。
欠点がなければ、それを誰かに補ってもらうことができない。
だから私は、仲間になりたい人には自分の欠点を惜しみなく曝け出す。