優柔不断と慎重は、結局のところ見方の違いでしかない。
だから僕も、無理に自分を変えるつもりなんてない。
これは癖ではなく、個性なのだ。
癖を個性と言い張ること自体も、僕の特性なのである。