自分に実力がないことは、誰よりも自分自身が一番理解している。
向上心はあるけれど、それに見合う才能や実力が、私にはないのだ。
だから私にとっての上限は、現状維持になる。
努力しても現状を維持できるだけだが、怠るとすぐに堕ちていってしまう。