心を持たないロボットたちは、悲しいくらい、いつでも僕たちに従順だ。
以前、僕たちはロボットに自我が芽生え反逆するのを恐れ、火星に追放した。
しかし彼らは、火星を開拓し、将来的に人が移住できるようにしてくれたのだ。
自我がない故に、彼らは自分たちが恐れられていることにすら気づけない。