本来感情というものは、無数に存在する。
木の枝のように、時間とともに、感情は様々な枝を伸ばして行く。
昔の人と会話をすると、気持ちが通じ合わないことがよくある。
当時はなかった感情で、今の自分を表そうとしているせいだろう。