冷たい風が、急ぎ足で私の横を通り過ぎて行った。
その見えない後ろ姿を追いかけるように、私の白い吐息が風に消えて行く。
「もうすぐ本格的な冬がやって来るなぁ……」
決して追いつくことができない彼らの背中を見ながら、私はそう思った。