「誰も見ていなくても、神様はいつだってちゃんと見ているよ」
昔ある人に言われたその言葉が、ずっと頭の片隅に引っかかっていた。
以来私は、ずっと体を鍛え続けてきた。
どうしても見られたくない時に、神様に目潰しを喰らわせられるように。