お姫様は、何でも答えてくれる魔法の鏡に「私の王子様は誰?」と訊ねました。
鏡には一人の凛々しい王子様の姿が映し出され、お姫様は喜びました。
でもお姫様は、自分から探しに行かなければならないことを知らなかったのです。
王子様が会いに来てくれるかどうか訊ねていれば、結ばれていたかもしれないのに。