過程を生むには、まず仮定が必要だ。
どういう結果になるのか、あらかじめ推測することで、過程が見える。
下底を見通せるほど透き通った水のように、道筋をクリアにするのだ。
途中には様々な課程が待っているだろうが、見事にクリアしてみせる。