ニーチェのあの言葉が、今の私に、重くのしかかってくる。
あるいは、神は完全に私を見放した、とでも言うべきなのか。
もう、戻ってくることはないのだろうか。
ずっと私の頭を守ってくれていた、あの髪々は。