いつものようにその身を横たえ、瞼と一緒に意識も閉じる。
そうしているうちに僕は、少しずつ現実から乖離されてゆく。
でも、忘れてはいけない。
夢の世界だって、本当は現実の続きなのだということを。