世の中、一円に笑って一円に泣く者がいると聞く。
私はよく、風に笑って風に泣く。
爽やかな風が心地良いと、つい笑顔になってしまう。
こないだは風に吹かれた砂が目に入り、泣いてしまった。