光は闇の居所を探り当て、闇は光の存在意義を目立たせる。
だから光しかなくてもダメだし、闇ばかりでもダメ。
光も闇も程よく混ぜ合わせておいた方が、私は私らしくいられる。
私の中の天使と悪魔は、いつでも均衡を保っているのだ。