近づいても何もしてこないだろうことは分かっているのだ。
それでも、近づくのを躊躇ってしまう。
人間たちからすれば、してやったりってところなんだろう。
何とかして、あのカカシとかいう存在を亡き者にしたいが。