彼は綺麗なものが傷つく様子を見るのが好きという、厄介な性格の持ち主だった。
さらに厄介なのは、彼がこの世で一番綺麗なものは生命だと思っていたことだ。
そんな彼がある日、暴漢に襲われて危うく命を落とすほどの大怪我を負った。
あの時、彼は傷ついた自分の姿を見て、何を思ったのだろう。