昨日の晩、世にも恐ろしい妖怪の姿を見た。
早速次の日、僕はみんなに、昨夜見たものについて話した。
でもみんな、話に驚いているというよりは、僕を恐れているようだった。
「昨日お前が見たその場所って、大きな鏡があるだけだぞ?」