彼はその遅さゆえに、周りのみんなから「亀」と呼ばれていた。
でもそれは、鈍臭いなどの中傷を込めた意味で呼ばれていたわけではない。
彼は理解力や成長速度が人より遅いが、必ず他人よりも上のレベルまで達するのだ。
まるで、兎との競争を制し、ゴールまで辿り着いた亀のように。