周りの友達はみんな、美味しいものや好物を食べることに幸せを感じている。
でも僕は、みんなと同じように笑顔になることができない。
自分の好きな食べ物が、ことごとくアレルギーなのだ。
だから僕は、これからもずっとあまり好きじゃないものしか食べられない。