人の視線は、鎖と似ている。
増えれば増えるほど、僕をがんじがらめにしていく。
あの頃の、ただの趣味として没頭していた頃の自由さは、今はない。
とても窮屈で、苦痛で、だけど嫌ではない、そんな葛藤から抜け出せない。