あの人は誰よりも他人に厳しく、それ以上に自分に厳しい人だった。
僕たちはみんな、あの人を恐れ、それ以上に慕っていた。
たとえ一度も褒められたことがなくても、笑顔を見せてくれなくても。
僕たちはあの人が大好きなのだ。