この町へ来るのは初めてのはずだ。
それなのに、なぜかやたらと声をかけられる。
それもお礼の言葉とか、こっちを知っているかのような感じ。
もしかしてこの地に、僕の記憶の手がかりがあるのだろうか。