最後の一言は、風に消されて届くことがなかった。
一番伝えたかった、とても大事な一言だったのに。
でも後になって、あれがわざとだったと教えられた。
僕の一言をかき消すために、あいつがわざと強風を巻き起こしたのだ。