記憶ってのはいつか薄れるし、その人がいなくなればそれまでだ。
だから私は、記録を求めているんだと思う。
私は確かにここにいたという証を、永遠に残しておきたい。
その為に私は、記憶ではなく、記録を残したいのだ。