どうやら勝手に勘違いしていただけだったようだ。
ずっと一緒にいるから、てっきり気があると思っていたのに。
僕は単なる付き添いというか、執事みたいな扱いだったようだ。
彼女の心は今でもずっと、彼と共にあるようだ。