どうしても手がかりが必要だと、焦っていたのかもしれない。
手当たり次第に、恐喝にも似た聞き込み調査を行なった。
結果的に集まった情報は、さらに僕たちを混乱させた。
もっと慎重に情報を集めるべきだと後悔しても、もう遅い。