脅迫されているのは僕なのに、全く脅威を感じない。
むしろ向こうの方が、何かに脅えているような気がする。
恐怖心を抑えるために、虚勢を張っているのだろう。
何だか哀れに思えるから、もう少しだけこのまま脅されていよう。