私が人工血液を量産しているのは、人助けのためじゃない。
今は何かと規制が激しいから、そう簡単に人の血をもらうことができない。
そんな吸血鬼たちのために、私は血液を作って提供しているのだ。
まあ、吸血鬼が人を襲わなくなるって意味では、人助けなのかもしれないが。