あいつはいつも、恵みと災いを同時にもたらして去って行く。
特に決まった予定も立てずに現れて、足早に去って行く。
子供の頃はそんなあいつが来るのを楽しみにしていたものだけど。
大人になってからはただただ、外出が億劫になるのが憂鬱だ。