どこまでも広がる田園風景は、実りの季節が来ていることを教えてくれる。
あと何日かすれば、彼らはみんなの笑顔と共にあることだろう。
目を閉じ耳を澄ませば、その光景がまぶたの裏にはっきりと映る。
その幻想を壊さないよう、私はゆっくりと、オレンジ色の世界を歩いて行く。