文明やら科学やらが進み、今や何でも自動化が当たり前になっている。
そんな流れに逆らうように、彼は何でも自ら手を動かして行う。
風呂炊きや洗濯はもちろん、身の回りのことは何でもだ。
彼のような人こそ、現代ではマニュアル人間と呼ぶべきだろう。