あと十秒でこの世界が終わることを、僕は確信していた。
どうして確信があったのかは、僕にもよく分からない。
あと五秒……四……三……二……一……。
予想通り、十秒ピッタリで僕は夢から覚めた。