いくつになっても、彼女はメルヘンなものに目がない。
彼女の部屋に入れば、まるで妖精の住処に来たかのよう。
知らない人にこの部屋を見せたら、子供部屋だと思うだろう。
今年米寿を迎える人の部屋だとは、間違っても思わないはず。