私がこれまでやってきたことは、果たして正しかったのだろうか。
残念ながらそれを証明することは、誰にもできない。
しかし間違いであることもまた、誰にも証明することはできない。
未知のことに取り組むというのは、そういうことなのだ。