時に短く、時に長く、その断続的なサインは、発信を繰り返す。
それは単体では何の意味も持たない、ただの瞬きでしかない。
しかし単調な瞬きの繰り返しは、やがて言葉と同等の力を得るにまで至る。
たった二つで無限の言葉を紡ぎ出す業には、驚嘆の二文字しか出て来ない。