見えない鎖が、ずっと私にまとわりついている。
その鎖は、私を八方塞がりにしている。
進むことも戻ることもできず、寄り道も回り道もできない。
この鎖を断ち切らない限り、私の世界は広がらないままだ。