彼は、右も左も分からないと自分で言った。
だから僕が道を指し示してやれば、ひとまずは進めるだろうと思った。
でも道を教えてあげても、結局彼は動くことができなかった。
右も左も分からないではなく、正しくは右と左が分からないらしい。