人はやっぱり誰でも、多かれ少なかれ承認欲求があるのだと思う。
正直なところ、僕はそういうものは持っていない人間だと自負していた。
しかしあまりにも認められないと、心のどこかが沸々することが分かった。
僕が今まで気にならなかったのは、限界を超えていなかっただけなのだ。