彼は、百年後の未来からやって来たんだそうだ。
本人がそう言っているだけで、確たる証拠は何もない。
でも僕は、彼がみんなに信じてもらえるように、協力したいと思う。
そうすれば、二百年後から来た僕のことも、信じてもらえるだろうから。