彼女とはなぜか、満月の夜にしか会うことができない。
満月以外の夜や昼間に会おうと言うと、断られてしまう。
結局最後まで、その理由は教えてもらえなかった。
私が月へと帰ることになった、その日まで。