雲の隙間を縫って、太陽が顔を出そうと頑張っている。
その姿に私は、小さい頃の娘を重ねていた。
窓の外を見ようと、ぴょんぴょん跳ねて頑張っていた娘の姿に。
そんな娘も今年成人するのかと思うと、時の流れを感じる。