人生から無駄なことを削ぎ落としていったら、何が残るのだろうか。
それを知りたくて僕は、無駄を極限まで削る作業を始めた。
正直、やらなきゃ良かったと後悔している。
僕の人生で無駄じゃないものなんて、一つもなかったから。