狭い世界で一生を終えたかったのに、周りがそれを許さなかった。
そんな器じゃないと散々言っていたのに。
私が広い世界に出たら、どうなるか、みんな分かっていたはずなのに。
予想通りに、私は世界を恐怖に陥れる魔王のごとき存在になった。