人々のため息が、空を覆い尽くした。
誰もが、もう一度太陽を見たいと切望している。
その思いが強くなるほど、余計に空は濁っていく。
現実は、マイナスにマイナスをかけてもプラスにはならない。