守るべきものは、たった一つで良い。
たくさんのものを守るには、僕は弱すぎる。
僕のこの両手は、多くのものを抱えることはできない。
でもその一つのために、僕は命を懸けられる。