これまで頑張って来た成果を、どうしても見せたい人がいた。
だから夜中に呼び出して、僕の走る姿を見てもらった。
大切な人の為だからか、世界記録を大きく上回る結果が出た。
どんなにコンディションが良くても、あの時以上の記録は出せない。