決して慢心というわけではなく、いつも時代は俺について来られなかった。
やっと追いついてきたと思った頃には、俺はもう十年先にいる。
別に世界が悪いわけではなく、俺が特別にすごいわけでもない。
リアルに十年先の未来を想像していれば、自然と光景は見えてくるのだ。