「お前には、俺から無音のレクイエムを贈ってやろう」
それがお前に最もふさわしい手向けだ。
お前のようなものの為に、奏でる曲などありはしない。
せめて静寂に包まれながら、孤独を感じて逝くが良い。